アロマリタイア~36歳独身1000万からのセミリタイア道中記~

36歳独身、1000万セミリタイア準備中でございます。

引っ越し作業

どうも、アロマリアです。

 

先月末に引っ越し先が決まり、

その辺りから準備(段ボール詰めや掃除、粗大ゴミ出しなど)をコツコツ進めてきましたが、

 

やー・・・さすがに12年同じ所に住んでいると、色々要らないものが溜まっている。

そしてそれが引っ越しを今日まで遅らせてきた原因でもある。

だって面倒くさいんですわ。

↑の作業を事前に考えるだけでモチベーションが下がっていく。

 

事実、引っ越し作業してると、埃のせいなのかなんなのか、しばらくすると頭痛がしてくる。

自分は頭痛は寝ないと取れない人なので、その日はしんどい感じになっている。

これを繰り返して、なんとか60%ぐらいまでは荷造りが終わりました。

まあ実際の引っ越しは月末なので、まだ20日以上あるんですけどね。

 

それでちょっとネット検索してみたんですが、引っ越し作業中に頭痛起きるのは割とあるあるみたいで。

でも根拠が微妙で、好転反応説とかも出てくる・・・なんなんだこれは・・・。

 

あと現状恐れているのは、引っ越しの契約系がちゃんと手続き進んでなくて、

当日に「え、まだ引っ越しできませんよ?」となることぐらいですかね。

こればっかりは引っ越しが終わるまでは解消されない。

最悪ネカフェ生活も覚悟しなければならない。

長期持続系のデバフストレスとして認識するしかない。

こういうのでストレス抱えるんだから、労働しながら引っ越しなんて絶対ムリでしたね。

 

覚悟と言えば、セミリタイア"決断"に必要な精神って

 

「最悪、家を失い外で食べるものもなく空腹のまま、その辺で無様にのたれ死ぬことがあっても、自分で決断した行動の結果だから仕方ないよねって想定する覚悟」

 

じゃないかなと思ったりするんですよね。

 

日本ってなんだかんだで一般人は生かさず殺さずの豊かさの範囲でコントロールされることになるので、比較的ある程度の努力の上で生活が安定してしまうんですよね。

そこから環境を変化させるのって、実は意外と覚悟がいる。

浪費癖や子供がいたりした場合はまた別ですが、独身や共働きで子供がいない夫婦などは、こういった極端なバッドエンドを受け入れる覚悟を持つことでセミリタイアに踏み切れるのではないかと。

 

まあ日本はセーフティネットが割としっかりしてるので、実際にはきちんと知識武装して立ち回ればそうはならないとは思いますが…あまり通知されていないだけで…。

 

個人的には、世の中セミリタイアばかりになったら、それはそれで副業界隈がレッドオーシャン化しそうなので、正社員で働き続けられる人はそのままでいてほしいですけどね。

僕は基本自己中なので。