アロマリタイア~36歳独身1000万からのセミリタイア道中記~

36歳独身、1000万セミリタイア準備中でございます。

セミリタイアにおける目標

どうも、アロマリアです。

 

今日は

「自分がセミリタイアをするにあたって、何を目標とするか」

についてつらつら書いていきます。

 

その前に、自分の考えるセミリタイアの構成要素について記載します。

セミリタイアとは以下の3項目、その中にあるそれぞれの2項目、計6要素で成り立っていると考えています。

・時間(自由、固定)

・金銭(収入、支出)

・健康(心、体)

 

このそれぞれの要素に対して「こうありたい」「この状態を目指す」を設定していきます。

----------------------------------------------------

  • 時間ー自由

セミリタイアする上で、おそらく最も求められているものなのではないでしょうか。

穏やかな時間を過ごすにも、やりたいことを追求するにも、自由な時間は必須となります。

後述する"固定"とは相反する存在になりますが、もちろんこの"自由"の部分で"固定"でやっていることをやってもいいのです、自分の意思が伴えば。

僕はこの要素は「自由時間は可能な限り確保(理想は生活の9割)」と設定しています。

 

  • 時間ー固定

"セミ"リタイアなので、当然「意欲は伴わないが、(主に金銭的に)やらなければならない」部分は着いてきます。

例えば役所への手続きとか、事務的な行為もこれに該当すると思います。

あとは「ブログを書く時間」や「動画を撮り、編集する時間」も固定で時間を投資する必要はあるため、ここに該当します(自分の意思で内容を膨らませていくところは"自由"に該当します)。

この要素は「固定時間は可能な限り削減(理想は生活の1割)」と設定しています。

 

  • 金銭ー収入

セミリタイアをした場合、正社員ではなくなるため、収入は0になります。

そこから新たな収入口を確保・開拓していく必要があります。

それまでは現状の貯金の切り崩しも必要になるでしょう。

 

日々の生活費の確保のため、最初はUberやプログラミングでの時間の切り売りが必要と考えています。

ですが、いずれはこれらを必須とすることなく生活していける段階を目指していきたい。

 

よって、この要素は以下の2段階での目標達成を目指していきます。

第1段階:資産取り崩しからの脱却(マイナス状態からプラマイゼロにする)

第2段階:ストック所得※での生活基盤の確立

※株の配当金、ブログ・動画での広告収入など

 

  • 金銭ー支出

セミリタイアで一番重要な部分として語られる部分ですね。

ここが出来なければセミリタイアの維持は不可能、とまで言われる要素です。

 

僕は近々引っ越しをするのですが、引っ越し後の月の出費については

ある程度試算は終えていて、詳細は今日は省きますが

「生活費は固定費込みで月65000円」を目指していきます。

 

ただここには国保が考慮されていないため、もし国保を入れる場合は月80000万となります。

もしかしたら最初のうちは免除申請し、10年内に収益が安定してきたら追納、のパターンもあるかもしれません。

 

ちなみに働いていた頃の生活費もついでに試算してみましたが、17万ぐらい使ってました、ヤバいですね…。

 

  • 健康ー心

僕はストレスに非常に弱いです。

と同時に、ストレスが健康に与える影響を非常に重要視しています。

 

僕は現在36歳ですが、人生で一番白髪が多かった時期はいつだと思いますか?

実は高校時代です。

当時は部活の人間関係で非常にストレスを抱えていました。それの影響か、白髪がポツポツ生えていました。

高3の春に限界を迎えて部活を辞めましたが、それ以降白髪は殆ど生えてきていません。

 

この時の経験から、ストレスの危険性を認識し、今日まで注意しています。

社会人になってからも、うつ病と診断されてからも、せいぜい半年に1本見つかる程度となっています。

 

正直、現代の日本人は健康を強調する割にストレスを舐めすぎだと思ってます。

 

と、余談となりましたが、ここにおける当面の目標はストレスを避けることはもちろんですが、何よりも優先して

うつ病寛解(=薬の服用が不要な段階までもっていく)」

を設定しています。

薬要らなくなったら出費も減りますし。

 

  • 健康ー体

僕は就活時~社会人の間で約20kg太りました。

まさにデブ、オーバーデブです。脂肪の塊です。肉塊ではなく、脂塊です。

 

これは現職がデスクワークだということもあるのですが、社会人2年目ぐらいから

「これだけ自由を奪われた上で食事の自由すらも奪われてたまるか」

というストレスの発露先として食事が選ばれたということもあります。

 

とまあ、こんな感じで太り、運動もしなかった結果が現状となります。

春に休職してからしばらくは働いている時と同じ食生活をしていたのですが、

ある時サウナ行って体重計乗ったら、休職前よりも増えてたんですね…。

 

「休職して健康を取り戻そうとしてるのに、更に肥えてどうすんだ」

ということで、ダイエットを既に始めています。

2ヵ月は経過しましたが、ウエストは大分減りました、8cmぐらい。

実は体重は全然量ってないのですが、これは近々あるタイミングでやろうと思っています。

 

前置きが長くなりましたが、ここでの目標は

「高校時代の体重(60kg)に戻す→リバウンドせずにキープ」

を設定しています。

正直気の遠くなる目標ですね。なにせ大学時代ですらこの体重にはなったことがないので…。

(でも、ダイエット計画での試算では、年度末には達成できるんですよね、ホンマかいな…)

-------------------------------------------

 

まとめとなりますが、僕のセミリタイア上の目標は

  • 自由時間は可能な限り確保(理想は生活の9割)
  • 固定時間は可能な限り削減(理想は生活の1割)
  • 資産取り崩しからの脱却→ストック所得での生活基盤の確立
  • 生活費は固定費込みで月65000円
  • うつ病寛解(=薬の服用が不要な段階までもっていく)
  • 高校時代の体重(60kg)に戻す→リバウンドせずにキープ

を設定しています。果たしてうまくいくのか否か。