アロマリタイア~36歳からのセミリタイア道中記~

36歳独身が貧乏セミリタイアを決意し、準備している日々をつづるブログ

【ダイエット】最近の食事ローテーション

「節約と満足度の両立、そして程よく怠惰」



どうも、アロです。

今日はダイエットを続けている、

最近の僕の食事ローテーションについて書いていこうと思います。

 

  • 食生活ローテーション
  • この食生活のメリット
  • この先の展望

 

食生活ローテーション

僕のダイエット食生活は1日2食、且つ4日サイクルで回転させています。

以下のような感じですね。まあ朝はいつも同じです。

 

------------------------------------------------

1日目

朝:ご飯0.5合、味噌汁、厚焼き玉子(+葉野菜少々)、納豆

夜:ご飯0.5合 カレー、麻婆豆腐、鍋etc...から1品自炊←2食分作る※ここ重要

2日目

朝:ご飯0.5合、味噌汁、厚焼き玉子(+葉野菜少々)、納豆

夜:ご飯0.5合、冷凍揚げ物3品(レンチン+ノンフライヤー)、キャベツ等を刻んでレンチンしてごま油

3日目

朝:ご飯0.5合、味噌汁、厚焼き玉子(+葉野菜少々)、納豆

夜:ご飯0.5合、1日目に自炊したものの1食分

4日目

朝:ご飯0.5合、味噌汁、厚焼き玉子(+葉野菜少々)、納豆

夜:ご飯0.5合、冷凍揚げ物3品(レンチン+ノンフライヤー)、キャベツ等を刻んでレンチンしてごま油

------------------------------------------------

 

詳細を並べると分かりづらいですが、

1日目と3日目、2日目と4日目を同じメニューにしてローテーションをかけています。

 

また、この「冷凍揚げ物」ですが

・ハムカツ

・ハンバーグ

・豆腐ハンバーグ

・チキンカツ

・コロッケ

などが今のところ候補となっております。業務スーパーetcの品ぞろえ次第で他の組み合わせも可能。

 

この食生活のメリット

このローテーションのメリットなんですが、

・調理手順多めな自炊は4日に1回で済む(他は野菜刻んでレンチンとか、味噌汁用の具材とお湯を沸かす程度の手間)

・冷凍揚げ物はノンフライヤーで熱を通すため、

・意外と安い(節約)

・ローテーションで必要なメニューが固まっている分、買い出しで迷いにくい

・最低限の調理工数の割には野菜も取れるし、食後の満足感も高い

・食費は現状、月1万円を超えない(7~8000円程度

などがあります。

 

独り暮らしが人生の半分以上になりそうな僕ですが、

これまでの経験を活かして節約とダイエットを並行しつつも、

かなり満足度の高いローテーションを組めたものだなと思います。

 

この先の展望

この先ダイエットが終了したら少し食事量を増やしたり自炊のバリエーションを増やす予定なので、いつまでもこのローテーションで行くわけではないです。

ただ、セミリタイア後にもしもジリ貧になった場合も

「この食生活ローテーションを回せれば、それなりに栄養を取りつつ生きていけるであろう」

というモデルケースを用意できたのは個人的には強い。

前述のとおり安上がりですからね。

 

あーでも復職~退職までの間の食生活はどうしようかな…と思う次第。

多めに米炊いて、おにぎりでも作って持っていくか…あと飲み物も持って行かないとなあ。

 

続きを読む

【勉強】勉強は本来競うものではないよなと感じた話

「これが学びか・・・?」



どうも、アロです。

最近端から見たら資格勉強ばっかりしている感じの生活してます。

そっちはメイン目的じゃないんですけどね…。

 

さて、今日はそんな日々の中で感じたことについて。

 

  • 学びの喜び
  • 競争や資格取得のための勉強のデメリット
  • 自分のペースで理解していければそれでいい

 

学びの喜び

簿記2級の動画と応用情報のテキストをぼんやり眺め始めたんですが

「義務感なしで知らないことを知るってこんなにいいものだったんだな」

と感じます。

これは学生の頃も、社会人になってからも感じたことのない感覚です。

 

「社会人になってから勉強したくなった&楽しくなった」

というのはよく聞くフレーズですが、まさか自分がそれに近づくとは…って感じです。

まあ代償として正社員を辞める&セミリタイアする決意があってこそですが。

 

そして学生の頃は「テストの点数」や「成績順位」の魅力に取りつかれていた気がします。

結局のところ、今までの人生において僕にとっての「勉強で得る知識」というのは

  • 他者との競争・順位によるマウントの材料、進学のための道具
  • 仕事、資格取得のための道具

だったんだなと感じます。

これは自分以外にも同じような人がいるんじゃないでしょうか。

 

競争や資格取得のための勉強のデメリット

競うようにして覚えたことや、資格取得目的の勉強だと、

本当の意味での長期記憶になりにくいのではないか?

という僕の中で疑惑が浮上しています。

 

なぜかと言うと、得られる知識そのものに対する優先度が低いためです。

一生競争目的で勉強できる人や、仕事で日常的に触る知識はそれで定着し続けるのかもしれませんが、

それ以外だと、目的を果たした瞬間からドンドン抜けていきます。

 

進学なら志望校に合格した時から、

資格勉強なら受験を終えた時からです。

(一般的に言われる勉強での長期記憶とは、おそらくこの目的を果たすまでの期間なのでは…と思います)。

僕の場合ですが、仕事の知識も現場を変わったりするとすごい早さで抜けていきました。

そういうことなんじゃないでしょうか。

 

自分が如何に知的好奇心を使わず&育てずに学んできたのかを思い知らされます

(逆によくここまでそれだけでやってこれたな…とも)。

 

自分のペースで理解していければそれでいい

ただ、仕事や受験だとどうしても「期限」と言うものが間に立ってしまうため、

勉強本来の楽しみからは遠ざかってしまう感じがします。

だからこそ、僕みたいな小さい頃から別の動機で勉強と向き合ってきた人間は

セミリタイアするぐらいの強力なきつけが必要なのですが。

 

簿記の動画を色々見ていくと「~時間で合格できました!」

という短時間合格の動画、コメントもちょいちょい見つかります。

多分これは他の資格や士業の勉強とかでもあるんじゃないでしょうか。

 

短時間で身に付けられることに越したことはありませんが

重要なのは「自分がそのジャンルの知識を得られること」

であって、その早さはきっと個人差があってしかるべきだと思います。

 

せっかくいい感じのメンタルコンディションにシフトできたわけなので

ここからもマイペースを崩さずに行きたいものですね。

 

 

 

続きを読む

【勉強】勘定科目の5区分を紐づけるリスニングが欲しい【簿記3級】

「なければ自分で作るか・・・?」

 

どうも、アロです。

簿記の勉強が割と進んでしまいました。

3級の清算表までの概念と流れは理解したのですが、

ベースとなる勘定科目と、その5区分(資産、負債、純資産、費用、収益)

がまだ怪しいなあという事で今回のタイトルです。

 

  • 英語で言えば、単語暗記に近い要素だと感じる
  • なければ作るか…?

 

英語で言えば、単語暗記に近い要素だと感じる

僕は基本的に暗記が好きではないです。

なぜなら遅かれ早かれ大部分忘れるから。

どちらかと言えば「物事の流れや原理・根拠」をきっちり修得したい派なんですよね。

この辺りを覚えると、かなり忘れにくい&思い出しやすい。

 

とはいえ、簿記3級の勘定科目とその5区分って、正しく身に付けておかないと

清算表(or損益計算書貸借対照表)でやらかすんですよね。

で、最後に当期純利益(損失)で答えとずれるという…。

 

ここまでくると、もう腹をくくって直接覚えるしかないなと。

そうなると最終手段:暗記です。

暗記で己の脳に沁み込ませて、あわよくば長期記憶までもっていくしかない。

現状そんな感じです。

 

 

なければ作るか…?

ただ、あんまりそれに力を割きたくないというのも心情としてあるので、

タイトルのような一問一答的な動画があればなあーと思った次第です。

「現金」と音声が出たら数秒後に「資産」と音声が流れる的なのをずっと流しているようなやつ。

でもYoutubeだと見つからない。

 

そうなると「自力で音声動画を作ってアップして、自分で聴いて長期記憶に持っていく」という地産地消(?)のスタイルでいくかなと感じている。

まあそれを作るのにちょっと時間がかかるので、少し及び腰な部分があるのですが。

 

というか資格取る予定じゃなかったのに、なぜここまでやっているのだろうという謎…。まあここまで来たし、どうせなら取るかなぐらいの気分にはなっている。

 

ちなみに今は簿記2級の知識取得も始めてます、ただただなんとなく知識欲を埋めるのと実益を兼ねるという理由で。

こちらも資格取るかは不明、何か取れそうなら受けるかもぐらいのレベル、まあ全体図を見た限り遠そうですが。

 

そういえば

「知的好奇心だけで資格取得の知識取得に励んだら、どこまで資格が取れるか」

という企画を思いつきましたが、今のところ実行はしないと思います、さすがに…。

 

続きを読む

【健康】腕立て10回でもいいから毎日やった方が良いなと思った話

「やっぱ継続が神」



どうも、アロです。

ちょっとブログネタが思いつかなくて1日休んでおりました。

今日はダイエット…というよりは健康方面ですね。

タイトルにあるように、腕立て10回でも毎日やった方が効果的かなと思った話。

 

  • 最初はマジでしんどかった
  • しばらくすると割と慣れてくる
  • 他のトレーニング(ジョギング、筋トレ)にも言える

 

最初はマジでしんどかった

「たかが腕立て10回だろーw」

と侮るなかれ。

歳取ると、久々にやったときにガチで

「!!?」

ってなるから、こんなにしんどかったっけ…的な意味で。

 

自分はダイエットの一環、メニューの追加としてだったので、

最初はメニューの異物感が半端なかったんですが、まあ運動自体はやってたので、比較的ソフトにメニューに追加していくことができました。

 

※腕立て伏せを追加した動機なんですが、ダイエットしている日々の中、ふとサウナにあった鏡で自分の体を見直した時に「胸部に対して腕が妙に細かった」んですよね。それで「何か体のバランス悪いなー」と思って、ちょっと腹筋以外の上半身も筋肉つけるかー、となったのがきっかけ。本来は懸垂がベターらしいんですけどね、家に物を増やしたくないから器具は買いたくないのと、公園行くにしても冬はちょっと寒すぎるので…春になったら考えようかな。

 

しばらくすると割と慣れてくる

最初の数日(5日ぐらい?)は前述したしんどさが続きました。

でもさすがに10回なので、始める精神的ハードルも低めで、何とか続けていくことができました。

 

で、ある程度日数継続していくと、

「お?何かちょっと楽になったかな?」

となるタイミングが出てきました。

多分必要な筋肉が付いたのかなと思います。

 

そこからは苦もなく継続できています。

時々10回×2セットとかもしますが、基本は1セットです。

なぜなら継続する上では変に無理して心が折れてしまうのが一番のリスクだから。

 

まあ健康優先で、マッチョになりたいわけじゃないので、これでOKなのです。

細マッチョには憧れますけどね…ゴニョゴニョ。

 

他のトレーニング(ジョギング、筋トレ)にも言える

よく健康系の記事だと

  • ジョギング(ウォーキング)等の有酸素運動は週2~3でもいい
  • 筋トレは各部位ごとにローテした方がいい

という記事がありますが、

自分のような「筋トレや運動がそこまで好きではない」人間は

「何も考えず続けられる負荷の同じメニューを極力毎日やる」

がとりあえずは一番いいのかなと思います。

まずは継続する習慣と、継続できたという成功体験を得るのが重要だなと。

 

日を空けない理由は「日を空けると継続難易度がグンと上がるから」です。

いや、マジで。

人間って意志の弱い生き物なんですよ…。

好きな事なら自発的にやれるんでしょうが、自分にとって運動は現在そうではないので。

 

そういう意味では序盤は筋肉痛もリスクです。

筋肉痛の超回復を考えると休むのが吉ですが、治った後に再開できるかが懸念点になるので。

 

ちなみに帰省で実家帰った時も意外とヤバかったですね、数日サボりましたから…

つまり生活環境が変わるのも継続の観点ではリスクになりえますね。

自分はそれ以前からトレーニング続けてたので、大阪帰還後にすんなり再開は出来ましたが、それでも普段よりしんどかったですからね…。

 

なので、数か月後に復職した際もどうにか毎日続けようとは考えています。

特にジョギングをどうするかが課題ですね…ある程度まとまった時間が必要なので。

 

余談ですが、スロージョギングの継続時間が40分に増えました。

最初が20分だったので、倍になりましたね、自分を誉めたい。

 

続きを読む

【勉強】簿記を攻略せよ

「ややこスイィイイーーー!!!(今の本音)



どうも、アロです。

現在簿記を身に付けるべく、簿記3級の学習中です。

※資格取得がメイン目的ではないです。ただ合格できそうだなと思ったら受けるかもしれない。

 

ちなみに勉強は以下のチャンネルをメインにしています。割と有名ですかね。

www.youtube.com

 

  • こういうのはまず取っ掛かりを見つけないと混乱する
  • 現金などの身近な要素にベースを置いてみるといいかも?

 

こういうのはまず取っ掛かりを見つけないと混乱する

まず、自分は簿記というものを名前しか知らない状態から、つまり中身をサッパリ知らないところからスタートでした。

最初のうちは分類がややこしすぎて途中から頭に残らなくなりました。

「とりあえず会社絡みのお金に関する仕訳ができるようになるってのが目的なんだな」

という漠然とした理解。

まーややこしいのはアレですね。勘定科目も多く感じますし、

それらに「資産・負債・純資産・収益・費用」というジャンル分けがされている。

それならまだいいですが、

「なんで資産増えた時と費用が発生した時の記入列が同じ(借方)やねん」

みたいな感じになっていって、ドンドン混乱していく。

 

正直今もまだ十分には呑み込めていません。

ある程度通しで流れは把握できてきているので、

勘定科目と分類をしっかり覚えたらもう少し改善するのかな・・・と。

 

現金などの身近な要素にベースを置いてみるといいかも?

まあ今の段階までくればそこまで苦ではなくなってきますが、問題は最初の方ですね。

 

個人的にありかなと思ったのは「現金(あるいは資産の勘定科目)」をまず主体としたプラマイを基準に考えていくととっかかりがつかめるのかも?と感じました。

 

現金の場合、受け取ったら借方、支払ったら貸方です。

文章において、その現金と対になる要素が逆の方になるので、とりあえず仕訳は可能。

この対になった要素は他の科目などに振り替える場合もあるので、その流れで書き換えていく…など。

あとは慣れですかね。まだ文章呼んですぐには頭の中に仕訳が浮かんできません…。

でも、現金ならパッと見聞きしてイメージしやすいので、一番入りやすいのかな、と。

 

とまあ、そんな感じの解釈をすれば

「簿記の学習を始めたばかりの人」の考えの杖にはなるかも?と思った次第です。

 

続きを読む

【セミリタイア】改めて色々思索してみた【サウナ】

「サウナはいいぞ」



どうも、アロです。

久々にサウナ行ってきました、なので今日はちょっと投稿遅め。

 

  • サウナはいいぞ
  • 最近の自分の行動について振り返ってみた
  • 欲求・喜びを阻害していた原因はなんだったのか
  • 自分は何が嫌でセミリタイアを望んでいるのか
  • 余談:そういえば不具合調査は嫌じゃなかったな
  • その他:お金を使う事への忌避感について

 

サウナはいいぞ

序文にも書きましたが、サウナはいいですよ。

汗かいて、水風呂入って、外気に当たって、身体もですが、特に頭の中がスッキリする。

この外気に当たってる時に、色々と思索がポジティブに浮かんでくるんですよね。

「あれはこういうことだったんだな」とか「これからどうしよう」とか。

自分は基本ネガティブ型の思考してるんですが、この時は異様にポジティブになります。

 

そんな素敵な体験を、今住んでいる場所からなら近所且つワンコインで味わえるのだから、趣味・娯楽としてのコスパは本当に高い。

サウナ最高!

 

最近の自分の行動について振り返ってみた

とまあそんなこんなで、今日もサウナ~水風呂~外気浴で最近の自分について考えていたのですよ。

 

最近はセミリタイアまでのおおよそのスケジュールも決まり、

セミリタイア後にどうやってお金を稼ぐかの導線もある程度見通しを立て、

心穏やかな日々が増えてきました。

ダイエットについても帰省で増えた分はもう返済済で、再スタート状態なのでいい感じ。

そんな中「あー個人事業主やるなら簿記は"知って"おきたいよなあ」と

簿記の学習をちょこちょこ始めました。

ここで重要なのは「資格を取る」ではなく「簿記の知識を身に付ける」ということが目的な事。

つまり知識として簿記を習得したいのであって、資格は優先度が低いor無し。

 

そもそも僕の場合、資格のために勉強すると、試験後に何も頭に残らないんです。

僕はこれが昔から非常に嫌で、あんまり資格取得に意義を見出せていませんでした。

 

で、動画やテキスト読んで簿記の知識を付けていっているのですが、これが意外と悪くない。

あまり抵抗感がないと言いましょうか。

もっと言えば「知識を付けることに拒否感が殆ど出てこない」。

 

なんなら、今後は昔不合格だった「応用情報技術者」や「TOEIC」の知識を得るのもいいかもしれないと思ってしまった。

「勉強ってこんなに悪くないものだったっけ…」

そんな感覚です。

 

ここで疑念が生じました。

「この感情、衝動をこれまで阻害していたものはなんだったのか」

と。

 

欲求・喜びを阻害していた原因はなんだったのか

僕は今休職中です。

つまり、労働から一時的に解放された状態です。

学生ですら勉強(課題)という義務がある状態だったので、ここまで時間的に解放された状態というのは

今までの人生では保育園より前ぐらいじゃないだろうか。

 

学校に行っている時は

「テストで点を取るために、試験に合格するために知らなければならない」

「課題をこなして提出しないといけない(=課題をこなす知識を得ないといけない)」

こういった意識があったと思います。

なので、ある程度の成績は出していましたが、好奇心では勉強はしていませんでした。

 

その後、社会人になった後は

「納期までに何が何でも成果物を作らなければならない」

「成果物のために業務について知っていないといけない、知らないなら1秒でも早く知った状態にしなければならない、知らない部分があることは許されない」

「組織の看板を背負っているのだから、何をおいても今の業務を達成しないといけない」

「生き残るために、常に成長していないといけない(=資格や知識を得ないといけない)」

という、学生の頃よりも遥かに息苦しさを感じる状態で過ごしてきました。

 

今はそれらから解放されて、ようやく少しずつ好奇心が芽生えてきている。

この感覚は、学生の頃ですらなかったかもしれない。

 

つまり、

「自分は外から与えられる"義務"や"課題"が人よりも嫌いで、それは好奇心や行動力をも潰してしまう毒になっていたのではないか」

という一つの仮説が導き出されました。

 

現にダイエットという自己で設定した課題は特に不快感もなく順調にこなせています。

多分、会社からの義務やノルマが重なった場合、この行動力は維持できなかったと思います。

 

余談ですが、学生の頃にはダイエット成功させたことがあるので、多分それが自分が耐えられるギリギリの義務レベルなんでしょう、それでも知識欲は死んでいましたが…。

 

自分は何が嫌でセミリタイアを望んでいるのか

以前記事で「自由な時間が欲しい」という理由でのセミリタイアを望むようなことを書いていたと思います。

ただ、僕ってそんなに自由な時間を得た上でやりたいことって殆どないんですよね。

単に「穏やかな余生を過ごせればいい」という感じ。

 

今回のサウナでの思索を加味すると、この「穏やかな余生」とは、

「外からの義務に心身と自由を潰されないような生活」

という定義なのかなと思いました。

 

現に休職中の今の生活はちょっとアクティブさに欠けていますが、比較的理想に近いのではないかと感じています。

ここに必要な労働を加えた時に、どこまで穏やかさをキープできるかが課題になりそうです。

 

余談:そういえば不具合調査は嫌じゃなかったな

自分はプログラミングがメインのSEなのですが、

そんな中でも不具合調査は意外と嫌いじゃなかった節があります。

なぜかというとプログラムの不具合というのは、明確な原因がある事が大半なので

それを知ることで「なぜそうなったのか」の流れを理解することができ、

関わっている物事への理解が深まっていたからだったと思います。

あれは実は一種の知識欲ではなかっただろうか。

 

まあ、大体は開発~テスト中で工程上の中の出来事なので当然タイムリミットはあり、

それに追われている状態は非常に嫌でしたが、不具合調査に集中している間はそうそう嫌な気分でもなかったなと。

 

なので、あれは僕の中で僅かに表出していた知識欲や好奇心だったのではないだろうか、と今は思います。

 

 

――――とまあ、こんな感じの事を外気浴で色々と思索をしていました。

なので、今芽生えた好奇心でどこまで物事を吸収できるかを試してみたい感じはあります。

 

その他:お金を使う事への忌避感について

その後、他に自分が不快 or 気の進まないことはあるかなと思索を続けてみましたが、

浮かんだのは「自分のお金が減る事(≒お金を使う事)」でした。

 

これがなぜなのかと少し考えてみましたが、

多分生存本能的なものに近いと今日のところは結論付けました。

現代においてお金がなくなると生活が立ち行かなくなりますからね。

節約的なことは独り暮らし始めた大学生の頃からずっとやってましたし、

それ以前からスーパーの半額シールの存在を知って、積極的に探して購入したりしてました。

そういう行動の繰り返しで、仕送り前提ではありましたが、

とにかく貯金がなくならないよう常に意識はしてました。

 

当然、必要なものにはお金を払いますが、それでもお金が減る事が気持ちが良かったことはない。

 

今はそれに加え「投資」という、当面お金を貯める目的が出来てしまいましたからね。

これは多分完全リタイアできるまではまとわりつくでしょう。

てことは到達点は資産1億円かな…長い…。

 

ただ、今回の件で好奇心や知識欲に対してはお金を払えるようにはなりたいかな…

とは思いました。どこまで生存本能の壁を取っ払えるか…。

 

続きを読む

【雑記】寒波襲来前夜

「寒波がくるぞ、気を付けろー!」

 

どうも、アロです。今日は目次なしのショートです。

 

明日から約1週間、めっちゃ寒くなるみたいですね。

僕は基本的にニュースとか見ないんですが、googleで天気予想だけは調べるようになったので、明日からの自分の行動が心配です。

なんせ寒いと動かなくなる生物なので…。

 

これから一時復職に向けて、起きる時間を早く長くしていきたいタイミングで寒波を受けると、布団から出られなくなりそうで恐ろしい。。

食料の蓄えはあるので、すぐ買い物に行かないといけない的な状況ではまだないんですが、

肉の補充はしておきたい・・・かなあ。

 

本当に年始に実家から電気毛布調達できてよかったです。

最近はエアコンをつけず、こいつに頼りきりな状態です。

ちなみに保温効果高めるために、その上に毛布一枚追加で羽織ってます。

それでもまあ、指先は冷えてしまうんですけどね…

手首ウォーマーってどうなんだろう、効果あるのかなあ。

 

早く春が来てほしい。

 

続きを読む